クレジットカード現金化

クレカ現金化で業者を使わない方法

  • ネット上にクレジットカード情報を入力したくない
  • 個人情報を漏洩されそうで不安
  • クレカ現金化で業者を使わない方法が知りたい

クレカ現金化をしたくても、上記の様な理由から現金化を出来ずにいるのではありませんか?

クレカ現金化の中には詐欺業者が存在します。そのため、上記のように感じるのも当然のことでしょう。

しかしクレカ現金化は、業者を使わないで自分で行うことが可能です。

今回の記事ではクレカ現金化で業者を使わない方法を紹介していきましょう。

少額をクレジットカードで現金化する方法とは【1万円から可】

大黒屋でクレカ現金化!?換金率とリスクに注目

業者を使わないで現金化する流れ

まずは、安全に業者を使わないでクレカ現金化する方法としては業者に依頼せずに、自分で商品選びから売却までします。

自分でやる手間はかかりますが、換金率が高いというメリットがあります。

自分が希望する額で買い取ってくれるところを探すということになるので、少々手間がかかりますが、高く買い取ってくれるお店を予め探しておけば安心です。

この時、換金する方法としては以下の通り。

【失敗談あり】クレカ現金化で失敗しない3つの〇〇

電子マネーを使う

クレカ現金化で業者を使わないで変換をする時、もっとも難しいのはクレジッドで何を買って、それをどこで現金化するかという問題です。

ですがこちらは、 カードで電子マネーを買えば簡単に解決します。

生きていく上で誰しもある程度のお金が必要ですが、 その生活費をカードでチャージした電子マネーを使って払えば、間接的な変換になりますし、還元率は100%となるので非常に効率よく現金化が出来ます。

それでも現金が足りない場合、一度電子マネーをカードでチャージし、 その後で払い戻しをするという方法があります。

有名な電子マネーのほとんどは、払い戻しができないのでこの方法を使うことが 出来ませんが、suicaだけは払い戻しすることが可能です。

なので、カードを使ってsuicaをチャージした後、 払い戻しをすれば、(手数料分を差し引いても)ほぼ還元率100%で 変換が出来るので、JR東日本管内の人はチャンスがあればどんどん現金化するといいでしょう。

ただし、あまり払い戻しをすると怪しまれるので、 利用は計画的にした方がよいでしょう。

現金堂の口コミを暴露【換金率98%の嘘・本当】

金券ショップで現金化する

クレカ現金化で業者を使わない方法として最もよく知られているのは、新幹線の回数券をカードで購入して、金券ショップに買い取ってもらうというもの。

新幹線のチケットは年間を通じて需要が多いので、他の金券類に比べると金券ショップでの買取率が高く設定されています。

しかし、換金目的での商品の購入は、規約違反。カード会社にばれたらカード利用を止められてしまいます。

  • 一度に大量購入したためにばれてしまう
  • 何度も何度も回数券を購入するのでばれてしまう
  • 決済が滞ったためにばれてしまう

など過去にバレて止められてしまうケースがあったようです。

新幹線回数券については、変換が目的で購入する例が過去あまりにも多かったため、カード会社の方でも目を光らせています。

クレカ現金化「手数料」の超カンタンな確認方法

業者を使わないクレカ現金化で換金性の高い商品は?

換金性の高い商品として、おすすめできる商品は以下の7つです。

  • ブランド品
  • 家電製品
  • 新幹線の回数券
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • ゲーム機・ゲームソフト
  • ビットコイン

ただしブランド物を購入し、新品同様として買い取ってもらえば換金率は高くなるのですが、ブランド物でも人気がないものは買い取り価格が低い可能性もあるので、換金率がいいものを選んで取引しましょう。

クレカ現金化で悪用!?危険な業者に注意

ブランド品

クレカ現金化で業者を使わない商品として昔から定番となっているのがブランド品の売買です。

エルメスやシャネルといった高級なブランド品をカードを利用して購入し、買取店で査定を受けて売却するという手順で、数十万円から数百万円といった単位の現金化を行えます。

この場合に注意しておきたいポイントとしては、確実に本物の商品を購入するということ。

万が一偽物を購入してしまった場合には、現金化しようとしても買取そのものが不可能となってしまうので、結果的に現金化どころかカードに大きな赤字を抱えるだけになってしまいます。

そのような事態を避けるために、ネット等で格安で販売されている商品を購入することは避け、大手百貨店などに足を運び、正規販売店から確実に本物の商品を購入するようにしましょう。

また、買取価格を低下させないように、新品の状態のままで査定に出すということも重要なポイントです。

クレカ現金化の裏技を発見【換金率100%可】

電化製品

クレカ現金化で業者を使わない商品として次に狙うべきは電化製品。

これはどういうものかというと、融資貝会社が指定した電化製品等をカードのショッピング枠で購入してその電化製品を購入金額の90%くらいで購入してもらう事で融資を受けるというもの。

その中でも、特に人気なのがパソコン、そしてテレビです。
アップルなどの人気商品を購入することで、換金率が高い状態でやり取りを行うことができます。
年々スペックの高いアイテムが発売されていますが、その中でもアップル製品は換金率が高いままやり取りされます。

これの最大のメリットは消費者金融やカードローン会社の審査に落ちた人でも 融資を受ける事ができる点です。なので最近は意外と多くの人がこれを利用して 融資を受けています。

クレカ現金化が違法になる瞬間【大丈夫?グレーが黒に…】

新幹線回数券

業者を使わないでクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として、新幹線切符の売却はメジャーな方法になっています。

一方で換金性が高いことから悪用されることも多く、紛失したカードのショッピング枠の現金化に使われることが多いのもポイントです。

ただし頻繁に新幹線の回数券が購入されている場合はクレジットカード会社も悪用を疑うため、一時的にカードの利用が停止されるなど思わぬ事態を招く可能性もあります。

使えば使うほど意図的な現金化を疑われ、カードの利用停止リスクを高める可能性がある商品となっているので注意しましょう。

クレカジットカード現金化の口コミ【2chガチ評判まとめ】

Amazonギフト券

クレカ現金化で業者を使わない商品として、Amazonギフト券であれば例えばポイントサイトである程度ポイントを貯めることにより、それをAmazonギフト券に交換できるシステムもあります。

キャンペーンをしている時期もあるので、追加でギフト券をもらえるチャンスがあるかもしれません。

なお、Amazonギフト券は、AmazonのWEBから購入できます。本当のギフト用ならともかくクレカ現金化が目的であれば、Eメールタイプが本命でしょう。

もちろんクレジットカードを使うことができるので安心して下さい。

安全にクレカ現金化が行える優良店を解説!

iTunesカード

iTunesストアやApplestoreにて使えるiTunesカードですが、こちらはクレジットカードにてnanacoにチャージしてから、電子マネーで決済をすれば可能になります。

現金化が出来なくはありませんが、nanacoが必要になってくるので業者を使わないで普通の商品券等のように現金化する事は非常に困難な商品です。

どうしてもiTunesカード必要ないのであれば、オークションへの出品や買取ショップでの売却も出来ますが、買取ショップはどこでも買取してくれるわけではありません。

不正使用を防ぐためのコードがiTunesカードにはあるので、そちらを確認出来る買取ショップのみの対応になるのです。

以上の事から、なかなかiTunesカードの現金化は難しいですし労力も必要になります。

ゲーム機

業者を使わないでクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として、ゲーム機の購入を利用したものが、近年注目を浴びています。

購入を断られてしまうこともある商品券や新幹線のチケット等の金券とは異なり、ショッピング枠の利用が難しくない所が購入対象商品にゲーム機を選択した時の利点となります。

よりよい現金化のためには、いかにゲーム機を安く購入し、高く売るかということが重要になりますが、カードを使って購入した時の価格と、中古店に買い取ってもらった時の価格の差が少ないほど、還元率も大きくなるのが現金化の仕組みです。

なので、それぞれのお店はよく検討して選びましょう。

ネット上に溢れる最安値のショップの情報と高価買取をうたう買取店の情報を活用して、ショッピング枠のお金を賢く現金にチェンジしていきましょう。

ビットコイン

ビットコインをクレジット現金かした場合のメリットとして、まずは換金率が高いことがその魅力であるといえるでしょう。

また、自分の好きなタイミングで換金することができ、利用停止になったりすることもありません。やり方次第では、その換金率が100%以上であることも多く、メリットが豊富です。

ただし日本ではビットコインは浸透し始めてまだ日が浅く、現金化について詳しく書かれているホームページなどはあまりありません。

このため、メリットデメリットをしっかりと把握しておくことが必要です。

業者を使わないクレカ現金化のデメリット

このように業者を使わなくてもクレカ現金化は可能です。

全体的に高換金率での取引ができるので、少しでも多くのお金を用意したい人は上記の方法を使ってみるのが良いでしょう。

しかし、こちらの方法はメリットばかりではなく、当然デメリットもあります。

クレジットカードの利用停止の危険性がある

業者を使わないクレカ現金化は換金率の高い商品を購入することになります。

しかし、換金率の高い商品は現金化目的で転売されることが多いため、カード会社に厳しく監視されており、とてもカード会社にばれやすくなっています。

そのため、クレジットカードの利用停止の危険性が高いのです。

低い換金率になってしまうケースがある

業者を使わないクレカ現金化では商品価値によって換金率が変動します。
そして、商品の価値は流行りによって変動しますので以前までは高い換金率で取引がされていた商品でも時間が経つにつれて換金率が下がってしまうこともあるのです。

業者を使わないクレカ現金化では常に最新の商品を売買するように注意しなければなりません。

手間と時間がかかる

業者を使わないクレカ現金化は商品を自分で購入して、自分で売却しなければなりません。
そのため、通常のクレカ現金化より手間と時間がかかるのです。

店舗や商品によっては現金化に1日費やしてしまうこともあるので時間に余裕のあるときにしかできない方法となっています。

自分で業者を使わないクレカ現金化はハイリスク

クレカ現金化は業者を使わないで自分で行うことができます。
商品券・金券をクレジットカードで購入することのできるサイトも増えたので、ちょっと調べれば誰でも現金化することができるでしょう。

しかし、業者を使わないクレカ現金化はどの商品を使ってもリスクがつきまといます。

  • クレジットカードの利用停止のリスク
  • 売却できない可能性
  • 低換金率で取引になってしまう危険性

どれも致命傷とも言えるリスクばかり。商品券・金券を使って自分で現金化をすれば高換金率で取引をすることはできますが、安全に現金化をしたいと言う人には向かないかもしれません。

換金率と安全性。
どちらを重視するか自分でしっかりと考えた上で自己責任で現金化の方法を選んでくださいね。