クレジットカード現金化

クレジットカードで少額現金化するには?

ほんの少額だけ現金が欲しいのに、クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいで借りられないということはないでしょうか?

少額程度なのにわざわざ消費者金融でキャッシング申込するのも気が重いもの。
この記事ではクレカ現金化で少額だけお金を作るにはどのようにしたらいいのか、考えてみましょう。

安全にクレカ現金化が行える優良店を解説!

クレカ現金化は1万円から利用可能

少額でもクレカ現金化が利用できるのか心配になるかもしれませんが、1万円からでも申込が可能な業者もあります。

自分の名義でショッピング枠に余裕があるクレジットカードであれば、いつでも現金化ができますよ。

申し込みは簡単で、現金化業者のサイトから申請をし、連絡を待つだけです。
早ければ30分以内で現金が手に入るでしょう。

それに少額であれば一括で支払いやすいので、クレジットカードの利息を発生させずに利用することが可能です。

大黒屋でクレカ現金化!?換金率とリスクに注目

【失敗談あり】クレカ現金化で失敗しない3つの〇〇

少額をクレジットカードで現金化するメリット

クレカ現金化業者に少額の現金化を依頼することで、クレジットカードのショッピング枠を現金化することができます。

前述通り1万円からでも申し込みが可能な現金化業者があるので、ホームページで確認してみてください。

自分名義のクレジットカードを持っていて、ショッピング枠に余裕があれば、いつでも現金化できます。

申し込みはとてもカンタン。
ホームページの申し込みフォームに必要事項を記入して、送信するだけ。

そうすると、すぐに現金化業者から電話がかかってきますので、しっかりと説明を聞いて、了承すれば、そのまま取引に移っていくという流れです。

早ければ30分ほどで、少額が手に入るでしょう。

クレカ現金化が違法になる瞬間【大丈夫?グレーが黒に…】

少額現金化のメリット

  • 少額からでも申し込みが可能な現金化業者がある
  • クレジットカードの支払い日のときも、大きな負担にならないため、金利手数料をかけずに一括で支払える

少額をクレジットカードで現金化するデメリット

少額をクレジットカードで現金化するのは、クレジットカードの支払いを一括返済できる点でとても便利です。

しかし、クレカ現金化は利用する金額が低ければ低いほど、還元率も低くなってしまうことがあります。

現金化業者のホームページを見ると、最高還元率95%!などと、高い数字が書いてありますが、それは100万円を超えるくらいの高額利用の場合です。

例えばショッピング枠で少額を決済すると、還元率80%の場合、8,000円の現金を銀行口座に振り込んでくれることになります。

もし、1万円程度の現金が欲しいなら、ショッピング枠で12,500円の決済をする必要があるのです。

少額の利用だと、クレカ現金化の優良店でも還元率80%といったところだと覚えておきましょう。

クレカ現金化の裏技を発見【換金率100%可】

クレカ現金化で悪用!?危険な業者に注意

少額現金化のデメリット

  • 少額での利用だと還元率が低くなる
  • 少額から受け付けていない現金化業者もある

自分で少額のクレカ現金化を行う方法

少額のクレカ現金化なら、現金化業者に依頼せずに自分で現金化するという方法もあります。

つまり、自分でお店へ買い物に行って、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その商品を買取ショップで売ることで、現金を手に入れるというやり方です。

例えば、人気のゲーム機を購入すれば、定価の80%くらいの価格でゲームショップに売ることも出来ますし、Amazonギフトなども換金率の多い商品だったりします。

すべて自分でやらないといけないので面倒ではありますが、高く売れる商品を知っているなら、現金化業者に依頼するよりも、高い還元率で現金化できるかも知れません。

ただし、クレジットカードの利用規約で、ショッピング枠で購入した商品の現金化を禁止しています。

もし、現金化がクレジットカード会社にバレてしまうと、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性もあるので注意してください。

クレジットカード会社は、利用者がカードを不正利用していないかどうか、監視しています。ショッピング枠で換金性の高い商品ばかり購入すると、カード会社から疑われやすくなってしまうのです。

自分で現金化をする場合は、くれぐれもやり過ぎないように気を付けてくださいね。

現金堂の口コミを暴露【換金率98%の嘘・本当】

クレカ現金化「手数料」の超カンタンな確認方法

クレカ現金化を少額で利用するときの注意点

クレカ現金化の少額利用は便利ですが、ちょっとしたことに気を配ることで今後の返済状況が大きく変わります。

クレカジットカード現金化の口コミ【2chガチ評判まとめ】

リボ払いではなく1回払いを選ぶ

まず、クレジット決済の支払い方法はリボ払いではなく1回払いを選びましょう。
せっかく少額利用するなら、カードの手数料がかからない1回払いで返済した方が便利です。

また、高還元率に釣られて必要のない額を利用しないことも大事です。
10万円以上だと還元率がよくなるしショッピング枠も十分に余裕があるとはいえ、翌月・翌々月には確実に返済がせまってきます。

額が大きくなれば手数料がかからない1回払いを指定しにくくなりますし、リボや分割を選ばざるを得なくなります。

すると今度はクレジットカードの方で利息が発生します。
還元率がよくなってもクレジットカードの利息が高くなれば、あまり意味がありません。
少額だけで足りるなら、絶対にそれ以上借りないようにするのが大事です。

だからといって少額単位をこまめに現金化するのもよくありません。
短期間に何度も現金化する行為はクレジットカード会社に怪しまれてしまいますし、還元率が低い分手数料が無駄になってしまいます。

今いくらあったら助かるのかをよく考え、一度利用したらしばらくは現金化を控えるようにしましょう。

少額のクレカ現金化まとめ

クレカ現金化をすれば、カード会社からお金を借りている状態になります。
借りた分はもちろん返していかないといけないので、後々の支払いのことを考えて必要最小限に留めるのはいいことです。

しかし少額をクレカ現金化した後にすぐまたサービスを利用するくらいなら、ある程度まとまった金額を利用した方がいいでしょう。

そのためにはクレカ現金化を利用する前にも、しっかりと返済計画を立てるのが大事です。

現金化業者を通すためあまり借金と言うイメージがないかもしれませんが、利用額が大きくて返済回数が増えれば増えるほど負担が大きくなります。

現金化した後の返済をちゃんとやっていけるのか、シミュレーションをしてからサービスを利用しましょう。